令和2年 おだか陽一後援会総会を開催しました!

 令和2年2月2日(日)長生村文化会館にて平成2年 おだか陽一後援会総会が会員80名が参加し開催されました。

 小髙後援会会長のあいさつに引き続き小倉村議会議長より祝辞をいただきました。議事では、⑴令和元年事業報告、⑵令和元年収入支出決算の認定、⑶令和2年事業計画(案)、⑷令和2年収入支出予算(案)、⑸役員の選出について説明と討議があり、すべて原案のとおり可決されました。

小髙後援会会長のあいさつ

小倉村議会議長の祝辞

議事は全て原案通りで可決されました

令和2年1月から令和3年12月までの役員

 小髙村長のあいさつでは、⑴津波避難施設の建設、⑵村内3つの小学校へのエアコンの設置、⑶ALT教員(保育所、小中学校で英語を教える外国人教師)の配置など英語教育の推進、⑷タクシー券の配付などの高齢者福祉などのこれまでの2期8年の実績について説明がありました。また、今後の八積駅周辺環境整備事業について、⑴交流センターの建設、⑵南口のランンドアバウト整備を進めるとともに、⑶将来の北口の橋上化整備と併せ、給食センターや認定保育園の建設により駅周辺の賑わいを作りだし、村の人口減少傾向に一定の歯止めをかけたいとの考えを示しました。そのための財源として、4割の国庫補助に加えて好調な「ふるさと納税」を今後も更に維持できるように努力すると説明がありました。

小髙村長のあいさつ

総会後には、白子町にて75名が参加して新年会があり、大いに盛り上がりました。

東間自民党支部長のあいさつ

木嶋村会議員あいさつ

岡本村会議員のあいさつ

歓談の様子

前の記事

令和2年会報1号