11月24日(日)長生村文化会館において、平成31年度「おだか陽一」村政報告会が開催されました。
主な内容は、
①台風や大雨による被害と村の対応について
②八積駅周辺整備事業の進捗状況と今後の見通し
③その他
・ふるさと納税額は県内でも上位
・介護保険費用は県内少ない方から上位→公民館建て替えの必要性→稼働率が高い、ゆえに健康で過ごせることにつながるでした。
 台風による停電や大雨による浸水被害が予想以上に大きく、対応や復旧に時間を要したことが報告されました。県や東電とのホットラインの確認や避難所開設時の課題が明らかになった他、城之内の浄水場が停電などの被害にあった時の対応などにも話が及び、災害時における今後の対応に活かしていきたい話題がたくさん出されました。
 八積駅周辺整備事業では、公民館前の道路工事が始まっていますが、用地取得も進んでおり、年が明けると駅前の工事も着工予定となっていて、本格的に進められる予定であるとの話もされました。
 おだか陽一村長は、今後の村政にも意欲的に取り組んでいきたいことを付け加え、会は終了しました。
多くの会員の皆様にご参加いただき、誠にありがとうございました。


御園後援会副会長による開式の言葉
小高後援会会長あいさつ
来賓の皆様:左から小倉村議会副議長、木嶋村会議員、岡本村会議員
おだか陽一村長の報告
参加者からの質問と意見
参加者からの質問と意見